ツバキの楽しみ方
〜椿園を見学するヒント〜


3 全国各地の椿 −東京・関東の椿− 

 明治に入ると駒込染井の植木業者の多くが埼玉県の安行に移転しました。
ともなって、明治以降ツバキも安行で多くの品種が生み出されます。
江戸古典品種を受け継ぐ優雅な花や、昭和以降の洗練された花など多種多様です。
本校椿園の品種も、江戸・東京のものがその大半を占めています。

これ以外にも、横浜の村田氏作出による香りが特徴的な港シリーズをはじめ
東京近郊の各地で愛好家による独特のモダンな品種が発表されています。
   

 ツバキの楽しみ方トップへ

 農林科トップページへ