ツバキの楽しみ方
〜椿園を見学するヒント〜


3 全国各地の椿 −京都の椿−

 京都の椿愛好は、安土桃山時代から江戸時代初期に隆盛期を迎えます。

 それは商業目的でなく、神社仏閣、個人の庭などに植栽し、茶花として利用するなど

 して銘木が愛護されていました。(実際京都の植木生産量は少ない)

 ヤブツバキ、ユキツバキとその交配品種のほか、朝鮮出兵時に持ち帰られたとされる

 ワビスケや、三倍体の熊谷、散り性の散椿など、古き良き有名品種が残っています。

 特に江戸時代初期の御水尾天皇と東福門院和子(徳川秀忠の娘)の椿愛好は有名です。

  
 後水尾天皇         東福門院


   
 

 ツバキの楽しみ方トップへ

 農林科トップページへ