ツバキの楽しみ方
〜椿園を見学するヒント〜


3 全国各地の椿 −石川の椿− 

 日本三大菓子処のひとつ金沢を中心とした石川県にも、多くの名椿が存在しています。

 石川は富山、新潟と同様にユキツバキとヤブツバキが混在していることから
 
 多様な品種に恵まれたいうのもひとつの理由ですが

 それ以上に加賀百万石の文化に支えられたというのがツバキが栄えた大きな理由だと考えられます。

 ご存知のとおり加賀藩前田家はもともと尾張の出身です。

 人とともに尾張の文化と加賀の文化が融合する過程で椿の交流もあったのではないでしょうか。

 代表品種は「加賀八朔」「西王母」「祐閑寺名月」「幸作絞り」「医王山」など

 「西王母」は太郎冠者系では石川を代表する名椿です。

  

医王山山中のユキツバキ(5月GWごろ見ごろ)
 

 ツバキの楽しみ方トップへ

 農林科トップページへ