ツバキの楽しみ方
〜椿園を見学するヒント〜


3 全国各地の椿 −五島の椿− 
 長崎県の五島列島は、大小140余りの島々からなり、海と山の豊かな自然に囲まれています。
伊豆大島と同じく火山地形で、海岸の断崖景観は美しく、大部分が西海国立公園に指定されています。
気候は対馬暖流の影響を受けて、温暖ですが、台風の常襲地帯でもあり、年間降水雨量は2700ミリ程度です。
気候も伊豆大島とよく似ています。
五島の教会には、ステンドグラスに椿の花がモチーフに多く使われています。
ヨーロッパではバラの花がよく飾られていますが、五島にはバラがなく、バラに似ている椿の花が使われるようになりました。
又、信徒たちは身を隠すために家の周囲に椿の木を植えました。
五島には現在約50種類のヤブツバキの銘花が発掘されています。
その中で最も有名なのは「玉之浦」です。濃紅地に白覆輪の中輪で、世にも珍しいヤブツバキの突然変異です。
その子孫は、世界中に広がり「タマアメリカーナ」「タマバンビーノ」「タマグリッターズ」などがあります。

五島のツバキ 「玉之浦」「久賀白」「みじょか」「浜長」

 

 ツバキの楽しみ方トップへ

 農林科トップページへ