ツバキの楽しみ方
〜椿園を見学するヒント〜


3 全国各地の椿 −江戸の椿−

 2代将軍徳川秀忠の椿愛好は有名です。
江戸城内に椿園を造成し各地の名花を収集したそうです。
 京都の椿は上流階級層の嗜みのような性質でしたが
江戸においては椿愛好が武士や民衆へと広がります。
平和な世の中で一攫千金や出世の手段として園芸が盛んになった面もありますが
この時代に現代にまで残る数多くの名椿が生まれました。

流行り廃れがあり、園芸バブルが崩壊する時期があっても
木本であるとともに性質が丈夫なツバキは
生きながらえて後世に伝わることができたのです。

  

   
 

 ツバキの楽しみ方トップへ

 農林科トップページへ