学校の沿革
学校要覧に記載の「学校の沿革」についてご紹介します
昭和18年〜昭和25年
昭和26年〜昭和35年
昭和36年〜昭和45年
昭和46年〜昭和55年
昭和56年〜昭和63年
平成元 年〜現在
昭和18年〜昭和25年のできごと
昭和 18.9.21 東京都長官から、大島六ヶ村学校組合並びにその規約設定の件が許可される。創設費10万50円は、日産健民会(会長・鮎川義介氏)の寄付をもってこれに充てる。
18. 9.   大島元村字小清水所在、元・東京府蚕業試験場の敷地及び建物を都経済局長から教育局長宛大島六ヶ村学校組合に移管転用の件、承認を受ける。
19. 2. 9 文部省から学校設立の件が許可される(告示第53号)。
19. 4.10 校名を東京都大島六ヶ村学校組合立東京都大島農林学校と称し、大島元村青年団館を仮校舎として、第1回の入学生を収容する(男子59名、女子51名)。
19. 5.13 秋田県西目農業学校教諭大隈武嘉、東京都大島農林学校長に補せられた。
19. 9. 1 戦時中仮校舎が軍に接収されたため、教室を日産大島厚生会構内に移転する東
20. 5.31 海汽船株式会社から土地建物等の寄付を受けた(土地17町5反8畝歩、建物14棟245坪、電話1基、農牧具備品、果樹庭園木)。同日社団法人日産会産大島厚生会から、牛舎・社宅等14棟135坪、元大島六か村学校組合から2棟86坪の建物及び校具・図書類の寄付を受ける。
20. 6. 1 文部大臣から名称変更の件が許可され、東京都大島農林学校と改称。
20. 6.27 東京都立大島農林学校と改称(都告示第365号)。
20. 8.23 都立移管となったので、大島六か村学校組合は解散。
20.11.20 水産科を設置。同日修業年限を5か年とする。
21. 4. 1 新校舎1棟(西5教室)を竣工。
22. 4. 1 新学制により、併設中学校を併置。
22. 5. 3 東京都大島三か村組合立東京都大島第一中学校を校内に併設。
23. 4. 1 学制改革により東京都立大島新制高等学校と改称。
23. 7.10 定時制課程を併設し、岡田、差木地に分教場を設ける。
24. 4.18 差木地村に分校(定時制)を開校。
24. 5.15 新島本村に分校(定時制)を開校。
24.11.10 南北2棟7教室を元村村営により本校地内に竣工し、これを都に寄付したので、元村小清水の旧校舎(元蚕業試験場・現第一中学校校舎)を交換条件として元村にわたす。
25. 1.26 東京都立大島高等学校となる。
25. 4. 1 全日制普通科を設置。
25. 4.15 本校水産科を波浮港に移した。都有林造二階建造物を教室に充てる。
25. 7.31 初代校長大隈武嘉は転任した。同日都立園芸高等学校長山本佳男が校長事務取扱となる。
25.10.31 国立農工大学助教授諸林武俊が第二代校長に就任。
昭和26年〜昭和35年のできごと
昭和 26.  4. 南校舎に割烹室を増築。
26. 4. 1 全日制水産科に家庭科を併置。
27. 4. 1 全日制農林科に家庭科を併置。
28. 3.  本校運動場の整備工事が完了。
28.11. 1 本校創立十周年記念式を挙行し、記念事業として校歌を制定し、校内道路を新設。また、図書館の充実整備を図る。
29. 7. 2 差木地村から下原の土地(5,982坪)の寄付を受ける。
30. 6.  全日制水産科及び定時制差木地分校校舎として差木地下原に校舎1棟(第1期分)及び漁網倉庫が完成。
30.10. 1 第二代校長諸林武俊、練馬区立開進第二中学校長に転補。同日都立三宅高等学校長生田桃男第三代校長に就任。
31. 3.  全日制水産科校舎(第2期分)の増築工事が完了。
32. 3.31 第三代校長生田桃男が退職。
32. 4. 1 都立赤坂高等学校長竹田八雄が第四代校長に就任。
32. 6.12 東京都教育委員会定例会において、中堅実習船建造請願が採択される。
32. 6.26 東京都議会において、水産科中型実習船建造請願が採択される。
33. 4. 6 農産加工室(20坪)新築及び農業特別教室(80坪)の改築工事が完了。渡り廊下(11坪)を新設。
33.11.28 寄宿舎工事(60坪)が完了。
34. 3.15 実習船大島丸(89t)が竣工。
34. 3.27 便所工事(45坪)が完了。
34. 3.31 第四代校長竹田八雄が退職。
34. 4. 1 都立農業高等学校教諭鮎川敏郎が第五代校長に就任。
34. 4.20 畜舎(48坪)、農具舎及び管理室(40坪)、水産科寄宿舎及び実習場の工事が完了。(120坪)
34. 6.27 管理棟その他の増築工事に着手。
34. 8.20 特別教室その他の増築工事に着手。
34.10.31 管理棟その他の増築工事が完了。
34.11. 2 本校創立15周年記念並びに校舎落成記念式典を挙行。
35. 2.26 差木地分校生徒集会場(7.75坪)をP.T.Aから寄付される。
35. 3.31 鶏舎(17.5坪)、豚舎(17.5坪)、温室(64坪)新築工事が完成。また、通路舗装工事に着手。
35.10.20 差木地分校自転車置場(10間)の工事が完了。
35.12. 3 試さく井戸の新設工事(揚水量1日312トン)が完了。塵芥焼却炉(本校、差木地分校各1基)が完成。
35.12. 7 水産科寄宿舎(55坪)の新築工事が完了。
昭和36年〜昭和45年のできごと
昭和 36. 7. 3 水産科寄宿舎食堂増築工事(512坪)が完了。
36. 9. 6 水産科寄宿舎石積擁壁改修工事(85.9u)が完了。
37. 3.31 本校野球バックネットの工事が完了。
37. 4.20 本校水産科を差木地分校に置くことに改める。
38. 2. 5 差木地分校用地(2,281坪48)を買収。
38. 3.30 本校の体育館が完成。差木地分校の家庭科パイプ教室を増設。
38. 5.31 自衛隊第一施設大隊による運動場の整地改修工事が完了。
38. 9.30 グランドに400mのトラックが完成。
39. 9.25 25mプールが完成。
40. 1. 1 第五代校長鮎川敏郎、都立久留米高等学校長に転補。都立向丘高等学校教頭松沢正明、第六代校長に就任。
40. 5.20 差木地分校の水産科鉄筋三階建特別教室工事が完了。
40. 7.14 プール循環水設備が完成。
40. 7.20 水泳更衣室が完成。
40. 8.31 物置(19.78u)を建設。
41.12. 7 寄宿舎その他の改修工事が完了。
43. 2.17 寄宿舎女子寮(243.20u)を新築。
43. 3.31 第六代校長松沢正明が定年退職。
43. 4. 1 都立武蔵丘高等学校教頭月洞譲、第七代校長に就任。
43. 5.17 屋外照明6基が完成。
43. 7.13 北校舎東部(鉄筋3階特別教室3教室、844.80u)を新築。給食室(鉄筋平屋101.68u)を新築。
44. 3.   北校舎西部(鉄筋3階、普通教室9、特別教室3教室、1,617.00u及びプロパン庫12u、充電室25u)を新築。
45. 3.   南校舎東部(鉄筋2階、特別教室1、会議室、保健室、放送室、生徒会室、女子更衣室、生徒昇降口850.00u)を新築。
45. 3.   体育館便所(19.00u)を新築。
昭和46年〜昭和55年のできごと
昭和 46. 4. 1 第七代校長月洞譲、都立昭和高等学校長に転補。
都立八潮高等学校教頭志村辰夫、第八代校長に就任。
46. 4. 2 全日制課程普通科2学級(1学級増)、農林科・家庭科各1学級を農林科、家政科あわせて1学級とし、定時制課程農林科・家政科1学級を普通科1学級に転科。差木地分校・新島分校はそれぞれ独立校となる。差木地分校の卒業生徒数は水産科(男)440名、家政科(女)379名、同定時制農業・家政(男)162名、(女)103名、合計1,084名。
新島分校の卒業生(定)は(男)236名、(女)311名、合計547名。
46. 4.   生徒クラブ部室(鉄筋2階168u)を新築した(引続き3階工事に移る)。
47. 1. 7 生徒クラブ部室二期工事(252u)完了。
47.11.30 記念館(元・日産健民会事務所、校長公舎)を取りこわす。
48. 3.31 グランド改修工事が完了。
48. 4. 1 第八代校長志村辰夫、都立町田高等学校長に転補。
都立深沢高等学校教頭木下繁、第九代校長に就任。
48. 6.18 木造寄宿舎(198u)と旧校長公舎(157u)をとりこわす。
49. 6. 3 プール附属室(132u)を新設。
49.11.   三十周年記念式を行う(「三十年小史」発行)。
50. 3.   都道拡幅工事のため、校地東側一帯(2m幅)を移譲。
50. 3.31 寄宿舎(八重ノ水寮)を廃止。
50.12.31 寄宿舎建物のうち、男子寮を取りこわす。
51. 3.30 ミスト温室を新設した。旧女子寮内部を改修して器具室とする。
51. 4. 1 第九代校長木下繁、都立千歳高等学校長に転補。
都立練馬高等学校教頭友野正雄、第十代校長に就任。
52. 1.10 木造校舎(114u)をとりこわす。
54. 3.20 体育施設開放による器具庫、(体育館用(16u)、運動場用(19u))を新設。
54. 4. 1 第十代校長友野正雄、都立大泉高等学校長に転補。
都立久留米高等学校教頭吉見淳、第十一代校長に就任。
55. 3.11 大島町から産業道路建設の要望があり、都の承認を得て校地南側4mで4,430uを大島町へ無償移譲。
昭和56年〜昭和63年できごと
昭和 56. 3.31 テニスコート2面(1,582u)のアスコン舗装が完成。
57. 3.31 第十一代校長吉見淳が定年退職。
57. 4. 1 都立練馬高等学校教頭田中明、第一二代校長に就任
都立大島高等学校南分教場を都立大島南高等学校内に設置。
58. 3.31 温室(野菜温室167u、鉢物温室191u)新築。
58.12.21 校内交換電話(自動電子交換機)設備を設置。
59. 7.23 校舎改築のための取りこわし(292u)をする。内訳は、給食棟(102u)、堆肥舎(69u)、生産品販売棟(28u)、プロパン庫(7u)、体育館の一部(55u)、渡り廊下(26u)、ごみ収積庫(5u)。
60. 2    「創立四十周年記念誌」を発行。
60. 4. 1 第十二代校長田中明、都立九段高等学校長に転補。
都立葛西南高等学校教頭石田喜治、第十三代校長に就任。
60. 9.30 物置(20.07u)を取りこわす。
60.10.17 管理棟(鉄筋3階、2,410.13u)、格技棟(鉄骨鉄筋4階、2,217.90u)、プロパン庫(25.93u、7.77u)を新築。
60.11.30 農場管理棟(木造、264.46u)、加工室(木造、66.11u)、農具室(木造、132.23u)を取りこわす。
60.12.   文部省の教育方法開発特別設備費補助を経て、パーソナルコンピュータが導入(14台)される。
61. 1.27 モニュメント(大島の輪)が完成。
61. 4. 1 旧女子寄宿舎(243.2u)をとりこわす。
61. 6.30 畜産実習棟(204u)、鶏舎(151.2u)、豚舎(91.2u)、プロパン庫(4.83u)を新築。
61. 8.14 農場管理棟(1,613.25u)、農業機械実習棟(270u)、堆肥舎(73.76u)プロパン庫(7.77u)を新築。
61.11. 4 木造校舎(573.5u)をとりこわす。
61.11.15 三原山が12年ぶりに噴火活動を始める。
61.11.21 三原山の噴火活動が激化(正式には「61年伊豆大島噴火」と命名される)して、全島民島外避難命令が出たため、22日に予定した「創立40周年並びに新校舎等竣工記念式典・行事」は中止となる。
61.11.22 東京都教育庁内に臨時連絡所を設置し、生徒の安全確認と掌握、授業など教育活動再開の計画に着手。
61.11.26 東京都立芝商業高等学校(港区海岸1−8−25)にて、全校集会を開く。次いで東京都立紅葉川高等学校(江戸川区臨海町2−1−1)内にて東京都立大島高等学校を臨時開設し、授業などの教育活動を再開(授業は27日から12月18日まで)する。
61.12.22 全島民の帰島が完了し、生徒の完全帰島を確認。25日に第二学期の終業式を行う。
62. 3.31 グランド拡張その他の工事およびテニスコート改修工事(オールウエザー舗装)が完了。また、クレーコート(684.5u)を新設。
63.12. 7 プロパン庫(4.86u)を新設。
     
平成元 年〜現在のできごと
平成元 4.    東京都の情報化対策事業の一環として、パーソナルコンピュータがLANを組んで導入(45台)される。
元 8.    東京都の国際対策事業の一環として、ラーニング・ラボラトリーシステムLL−6700(生徒用48台)が導入される。
元  8.20 農業棟にバイオトロンが完成。
2. 3.31 第十三代校長石田喜治が定年退職。
2. 4. 1 都立農業高等学校教頭野中進が第十四代校長に就任。
3. 3.10 草花温室(170.10u)を新築。
4. 3.25 平飼い育すう鶏舎(82.81u)を新築。
4. 4. 1 第十四代校長野中進、都立園芸高等学校長に転補。
都立東大和南高等学校教頭真田稔、第十五代校長に就任。
5. 7. 1 便所(36.80u)・倉庫(19.05u)〔体育施設開放用〕を体育部体育課より所属換えする。
6. 3.25 雨天投球練習場(47.5u×2)を新設。
6. 4. 1 新教育課程実施(普通科は類型制を平成7年度2年生より導入、併合科は大幅な習熟度別分割授業を導入)
6.11. 1 体育館(1810.59T戎)改築が竣工。
7. 2. 9 創立五十周年ならびに体育館改築落成記念式典を行い、記念誌を刊行。
7. 3.31 第十五代校長真田稔が定年退職。
7. 4. 1 都立秋川高等学校教頭森田恒芳、第十六代校長に就任。
8.11.30 農林科に電子計算組織が導入される。
10. 4. 1 第十六代校長森田恒芳、都立九段高等学校に転補。
都立三鷹高等学校定時制教頭志村芳昭、第十七代校長に就任。
13. 4. 1 第十七代校長志村芳昭、都立文京高等学校に転補。
教育庁指導部主任指導主事加藤明、第十八代校長に就任。
16. 4. 1 第十八代校長加藤明、都立小平西高等学校に転補。
都立淵江高等学校教頭岡 昇、第十九代校長に就任。
17. 2. 5 創立六十周年記念式典及び行事を行い、記念誌を刊行。
18. 3.30 農林科パーソナルコンピュータを20台更新。
19. 4. 1 第十九代校長岡昇、都立大江戸高等学校に転補。
都立調布北高等学校副校長五十嵐和雄、第二十代校長に就任。
19.12. 7 普通教室(9)、生物室他特別教室(8)、講義室(農場)における冷暖房備工事が完了。
20. 9. 1 パソコン教室にCALL装置31台が導入される。
21.10.13 都立学校ICT計画に伴い、普通教室・特別教室LANを整備。
22. 2.17 都立学校ICT計画に伴い、PC20台・タブレットPC9台等及び全職員用にTAIMS端末を導入。
22. 4. 1 第二十代校長五十嵐和雄、都立富士森高等学校に転補。
都立橘高等学校副校長高木亀介、第二十一代校長に就任。
23. 3.22 農林科パーソナルコンピューター20台を更新。
23. 3.30 産業労働局トライアル事業により風力発電機4基を設置。
23. 3.31 都道擁壁設置のため敷地東部の土地311.57平方メートルを大島支庁へ移管。
23. 3.31 体育館西側にサブグラウンド(2457.5平方メートル)が完成。
23. 4. 1 図書館開放(都立学校開放事業)を開始。
23.10. 1  生徒玄関前駐車場塗装工事が完成。
24. 2. 9  多目的運動場(400.0平方メートル)が完成。
24. 4. 1  桜プロジェクト開始(全校生徒によるさくら接木繁殖および植樹活動)。
24. 9. 2
第51回全国教職員相撲選手権大会兼第68回国民体育大会相撲競技リハーサル大会、体育館を会場に開催。
25. 7.13  校舎棟外壁その他改修工事着手(工期:7/13〜1/24)。
25. 9.29  第68回国民体育大会相撲競技大会、体育館を会場に開催。
26. 2. 9  創立七十周年記念式典及び行事を行い、記念誌を刊行。
26. 3.31  第二十一代校長高木亀介が定年退職。
26. 4. 1  都立大島海洋国際高等学校校長大塚健一、第二十二代校長に就任。
26.10.30
 校舎棟外壁その他改修工事完了。
26.11.20  第87回選抜高校野球大会・各都道府県「21世紀枠」の東京都推薦校に選出。
27. 4. 1  オリンピック・パラリンピック教育推進校に指定。
27. 4. 1 「人間としての在り方生き方」に関する新教科研究指定校に指定。
27. 4. 1  日本の伝統・文化の良さを発信する能力・態度の育成事業指定校に指定。
27. 4. 1  安全教育推進校に指定(定時制)。
27. 5. 1  2020年将来構想作成。
27. 9.24  韓国・江原外国語高等学校姉妹校調印(白井良平大島町教育委員長、随行)。
28. 2.26  国際ツバキ協会から教育機関では世界初の国際優秀つばき園に認定。
28. 3.17  体力向上推進優秀校として表彰。
28. 3.31  第二十二代校長大塚健一が定年退職。
28. 4. 1  都立城東高等学校副校長浅見浩一郎、第二十三代校長に就任。
28. 4. 1  アクティブ・ラーニング推進校に指定(平成31年3月31日まで3年間)。
28. 4. 1  日本の伝統・文化教育推進校に指定(平成30年3月31日まで2年間)。
28. 4. 1  オリンピック・パラリンピック教育重点校に指定(平成29年3月31日まで1年間)。
28. 4. 1 東京都中部学校経営支援センター学力向上推進校に指定。 
                                                               (平成31年3月31日まで3年間)
28. 5.13  姉妹校交流推進校に指定(平成29年3月31日まで)。
 
著作権は東京都立大島高等学校に属します。
東京都立大島高等学校から文書による許諾を得ずに、いかなる方法においても無断で複写、複製することは禁じられています。