生活の基本ルール

校内生活について


1 お互いに挨拶をするように心掛ける。

2 使用場所の美化に努める。

3 学校行事、HR活動、生徒会活動及び部活動等に積極的に参加する。

4 ロッカー、下駄箱、及び貴重品等は自分で責任を持って管理する。

5 上履き、下履きの区別をきちんとつける。

6 暴行や脅迫、他人の名誉を傷つけ、侮辱するような言行はしない。

7 学校には授業、特別活動に必要なもの以外は持ってこない。

8 飲酒・喫煙の禁止。

9 登下校時の乗用車・バイク利用者の約束。


    (1)利用願いを提出する。 (2)他の生徒に貸さない。他の生徒を乗せない。

    (3)乗用車・バイクを定められた場所にきちんと駐車する。


    (4)休み時間には乗らない。

10 下記の場合はHR担任に届け出る。または、許可を得る。

    (1)欠席・遅刻・早退    (2)事故      (3)登校後の外出     

    (4)部外者の来校      (5)居残り(2145分まで)

    (6)通学方法(所定用紙)「乗用車、バイク、スクールバス利用願い」

                   


  働きながら学校を続けるためには健康に配慮し、体のコンディションを
 良くしなければなりません。そのためには食事等を含めた生活全般に注意
 を払う必要があります。

   また、校外の生活には次のことも特に気を付けましょう。

 1 観光客等とはトラブルを起こさないようにする。

 2 翌日の仕事のためにも、午後10時頃までには帰宅する。

 3 かけごとはしない。

 4 交通事故を起こさないように細心の注意を払う。
   → 事故が起こった場合は「加害者」「被害者」にかかわらず必ず
     警察に連絡する。


 

 



 

教育目標・学校経営ページに戻る